免許合宿の条件

自動車の運転免許を取得する場合、教習所に通う方法と、免許合宿という方法があります。日本では18歳になると運転免許が取得できます。高校生の間に取得するか、高校を卒業してから休みを利用して教習所に通うなど、ある程度は自分の都合に合わせることができます。

合宿免許は、教習所に通うよりも短期集中で講習が受けられるので、早く免許を取得したい時に便利です。短期集中で行うため、教習所に通うよりも費用が安く済むなどメリットも多いのが魅力です。

合宿免許で免許を取得する場合にかかる期間は、だいたい2週間程度です。少し余裕を持って3週間見ておけばほとんどが免許を取得できます。合宿を行うのは、教習所ではない別の場所です。郊外が多いですが、宿泊施設に宿泊しながら毎日講習を受けるので、合格率も高くなっています。短期間の教習のため、原則では一時帰宅などは認められません。ただしやむを得ない事情がある場合は、一時帰宅を認めているところもあります。

やむを得ない事情があって一時帰宅を認めるにしても、そこで教習打ち切りとなってしまうとそれまで学んだことが無駄になってしまいます。合宿免許は教習所に通うよりも費用は安く済みますが、途中で一時帰宅しなければいけない可能性がある場合は、どのような条件で一時帰宅が認められるのか、しっかりと確認しておくことをおすすめします。条件については、各教習所による違いがありますので、申し込み時に確認しておきましょう。