一時帰宅が認められるケース

原則として、免許合宿に参加する場合の一時帰宅は認められません。しかし様々な事情により一時帰宅しなければいけないケースもありますから、そういう場合は特例として認めてもらえるところは多いです。

免許合宿は年間を通して実施されています。夏休みのように長い休みがある時期は、休みを利用して免許を取得したいと考える人が多いので、参加者が増えます。冬休みもある程度時間が取れますが、年末年始は家でゆっくり過ごしたいという人が多いため、一時帰宅を認めている傾向があります。

というのも年末年始は、免許合宿の宿泊施設や教官も正月休みに入るからです。年明けから教習も合宿所も再開されるので、参加者もほとんどが一時帰宅をします。参加者の自己都合による一時帰宅の場合は、交通費は出ません。しかし年末年始に休みは参加者の自己都合ではないため、一時帰宅の交通費を支給するところが多いのもポイントです。

そのまま宿泊施設に滞在することは可能ですが、食堂も休みになるので自分で調達することになります。年末年始はお正月休みが入るため、通常よりも教習終了までにかかる期間は長めになります。どこの教習所でも原則として一時帰宅は認めていませんが、例外はあります。